UQ WiMAXの解約における2つの解約方法と解約月の料金

UQコミュニケーションズに申込んで利用していたUQ WiMAXを解約したい場合は、UQコミュニケーションズに解約の手続きをしなければなりません。ただ、UQコミュニケーションズの公式サイトや家電量販店などの店舗から直接解約の手続きをすることはできません。

2つの解約方法

UQ WiMAXの解約方法は電話によるものと、書面によるものの2通りがあります。

1.電話での解約方法

電話を使って解約するには、まず利用者がUQコミュニケーションズのお客様センターに連絡します。本人確認のため、生年月日や住所、電話番号をオペレーターに聞かれる場合があります。必要事項を回答すると、解約手続きが終了します。

2.書面郵送での解約方法

UQ コミュニケーションズの公式サイトの資料請求ページにアクセスし、「UQ通信サービス解約届・個人」というPDFファイルを印刷します。印刷した解約届に必要事項を記入し、UQコミュニケーションズの登録センターに郵送すれば手続きは完了です。

なお、UQコミュニケーションズが提供する郵便ラベルには届け先の住所がプリントされており、切手を貼る必要もありません。ちなみに、プリンターが無い場合は、資料請求フォームから解約届と郵便ラベルを郵送してもらうこともできます。

プロバイダー経由の場合の解約

WiMAXをUQコミュニケーションズからではなく、代理店のプロバイダー(Broad WiMAXGMOとくとくBB WiMAXなど)から契約した場合は各プロバイダーに解約を申請します。解約手順などに若干違いはありますが、解約における条件はUQコミュニケーションズも各プロバイダーも変わりません。

解約月の利用料金は日割り計算

UQ WiMAXは解約月の利用料金が日割り計算になっているため、解約月は利用した日数分だけが請求されます。従って、一番安く解約できるのは更新月の月初に解約した場合です。なお、プロバイダーによっては月の途中の解約でも、1ヶ月分の利用料金を請求されるところもあることから、日割り計算になっているUQ WiMAXはお得と言えます。

ちなみに、データ通信端末・SIMカードはどちらも返却する必要がありません。プロバイダー経由の場合も同様です。ただし、「Try WiMAX」という15日間の無料お試しサービスを利用していた場合は、WiMAX端末一式を返却しなければなりません。